布選びとかカフェとか廃墟文藝部とか
どうも!
佐川です!!


今回は絵画にちなんだ作り物の衣装がたくさん出てくるので、
なんだかまた大塚屋に通う日々です。





すごい不思議な布売ってた。
チュールにパールがめっちゃついてる。
どんな服に使うんだろ…





布を選びまくったら
大塚屋に併設されてるカフェで休憩。
シナモントーストおいしいよ!






ついでなんで、こないだ行ったコメダの
あみやきチキンサンドと
小豆小町。
ホットミルクに小豆が入ってます。


衣装はまだお見せできないので、
本番楽しみにしていてくださいね!



そうそう、
先日はじめて廃墟文藝部さんを見に行きました!





CD買った。
すぐCD買ってしまう。


ハッピーエンドを好むので、
ストーリーは個人的には合わなかったのですが、
音楽きれいだったし、
舞台セットも素敵でした。
どっから舞台写真とっても絵になりそう。
あと猫の動きがリアルで、
かわいかったしエロかった…
美人さんしか出てない…すごい…



ストーリーもへったくれもない試験管ベビーですが、
何も考えずに笑いたいときには
ぴったりですよ!

廃墟文藝部さんが好きな方、
試験管ベビーもよろしくお願いします!
カテゴリ:- | 23:33 | - | -
新しい劇場へ
おはようございます!
舟橋一馬です。

土曜日に今回の劇場のリニューアルオープン説明会に行ってきました。
そうなんです。
愛知県芸術劇場の小ホール、1年かけてリニューアルしたんです。
リニューアル後のこけら落とし公演は今週末のAAFですね。
(リニューアル後もこけら落としと言うのかはわかりませんが)

いやー、耐震設備や機材の更新、そして床の張替えなど色々綺麗になっていました。
ここで公演するんだと思うとワクワクしますね。
その後稽古だったんですけど、いい刺激を貰ってきました。

あと一月半、頑張るぞー!!(`・∀・´)







カテゴリ:- | 23:50 | - | -
稽古場の帰り道
稽古場、自転車で通っているのだが、帰り道、猫に絡まれた。2匹。前輪にまとわりつく。そっと止まって、「行きなさい」って言っても、前輪に背中を押しつけている。自転車を引いたり、後退させたり、約1分。急に、1匹が、よそへ走っていき、追って 、もう、1匹。なんだったんだ、君たちは。 吉森治でした。
カテゴリ:- | 21:04 | - | -
奥村の、ボボッボ・ボツ台本2
うっひー

もうこんなじかん。

日記、、、

今回も、この手でいきます。

怒らないでくださいね。

『犬』

子供「ただいまー!」
ママ「おかえりなさい。」
子供「ママ!聞いて聞いて!」
ママ「なあに?」
子供「あのね!犬を拾ってきたよ!」
ママ「まあ。」
子供「ねえ!飼ってもいい?」
ママ「え?」
子供「ねーねー!飼ってもいいでしょ?おーねーがーい!おーねーがーい!」
ママ「もう、困った子ね。ワンちゃんはどこにいるの?」
子供「おーい!入ってきてもいいよー!」

犬が入ってくる
みすぼらしい

ママ「・・・え?」
犬 「久しぶりだな。」
ママ「・・・」
犬 「ポチだよ。もう、7年になるかな?俺がこの家を飛び出してから。あやか(子供の名前)大きくなったな。ともこ(ママの名前)すまなかった。いや、謝って済む問題じゃないか。7年前のあの日、俺は、どうかしてたんだ。今更許してくれとは言わない。ただもう一度、家族としてやり直せたら。勝手なことを言ってるのは分かってる。ただ俺は、今日までずっと、お前たちのことを考えていた。忘れる日なんて一日もなかった。ずっと、大切に想ってきたんだ。すぐに帰ろうと思った。でも、帰り方が分からなかった。どう帰ったらいいのか、分からなかったんだ。雨でニオイも消えちまって、冷静になった時には、家がどこにあるのか、さっぱり分からなくなっちまったんだ。今日、たまたまあやかに会って、久しぶりにシッポを振ったよ。これでもかってくらい。ちぎれるかと思った。そしたら、あやかがここに連れてきてくれて。やっと帰ってこれたんだ。ともこ。さみしい思いをさせてごめんな。これからはずっと傍にいるから。」

犬、ママに近づく

ママ「いやだ!汚い!」
犬 「え?」
ママ「なんてみすぼらしい犬なの?」
犬 「おいおい。待ってくれよ。」
ママ「あやか!触ったの?あの汚い犬!触ったの?」
子供「うん。」
ママ「すぐに手を洗ってきなさい!はやく!」

子供、はける

ママ「みすぼらしい!しっ!しっ!しっ!(追い払おうとする)」
犬 「おいおいおいおい。待ってくれよ。ともこ、俺だよ!ポチだよ!忘れちまったのか?ほら、ここの首の付け根のとこを撫でると、きゅーんきゅーんって、喜んでたポチだよ。ほら、ともこ、撫でてもいいんだぜ?そしたら、きゅーんきゅーんって・・・」
ママ「なによこの犬!近寄らないで!しっ!しっ!しっ!」
犬 「ともこ。お前、怒ってるのか?俺が急にいなくなったから怒ってるんだろ?そうだろ?・・・すまなかった。あの時、俺はどうかしてたんだ。急にテンションが上がっちまって、急に走り出したくなって。ほら、あの頃、あやかはまだ赤ん坊で、ともこはあやかにかかりっきりで、なかなか散歩に連れてってもらえなかっただろ?だから、なんつーか、ストレスが溜まっちまって。ずっと自分のしっぽを追い回してた。おかしくなっちまってたんだ。それでたまたま、ともこがこのドアを閉め忘れた時に、逃げ出したんだ。いや、逃げ出したかった訳じゃないんだ。全て失って、初めて気づいたんだ。俺は、本当に幸せだったんだなって。」
ママ「くっさ!くさい!すごくくさい!もう!どっか行ってよ!しっ!しっ!しっ!」
犬 「ともこ、ともこ、ともこ、ともこ、ともこ、ともこー。待ってくれよ。」
ママ「うるさいわね!吠えないでよ!」
子供「ママ―!」

子供が犬(純一郎)を連れてやってくる

子供「純一郎、お腹が減ったってー。」
純 「ママ、ママ、オナカヘッタ!オナカヘッタ!(甘えてる)」
ママ「あらあら、純一郎ちゃん!どうしたのー?よしよし。かわいい子ね。すぐにごはんの準備、するからね!まってってねー。あやか!そこの汚い犬、絶対に家の中に入れたらダメよ!」

ママ、はけていく

犬 「・・・お前は?」
純 「はじめまして。僕はこの家の飼い犬、ヨークシャテリアの純一郎だ。純と呼んでくれていい。」
犬 「・・・貴様、なぜくるくると回る?」
純 「漂う気品というやつさ。君とは生まれも育ちも違う。ほら、これが僕の血統証だ。」
犬 「血統証だと?」
純 「君は、見たところ、雑種のようだね。」
犬 「・・・」
純 「君がいなくなった7年前、僕はこの家にやってきた。最初は、ともこも辛そうだったよ。君がいなくなってしまって。でも、もう君を覚えている者は誰もいない。この僕が来たからね。今では、この通りさ。」
純 「アヤカ、アヤカ、ジャーキー、チョウダイ!ジャーキー、チョウダイ!(甘える)」
子供「なあに?おやつが欲しいの?もうすぐごはんなのに・・・ママには内緒だよ!(ジャーキーを渡す)」
犬 「やめろ!!」
純 「ともこもあやかも、僕のいいなりなのさ。」
犬 「貴様、ネコかぶりやがって。」
ママ「純ちゃーん!ほーら、ごはんですよー。」

純、ポチに向かってジャーキーを投げる

純 「ほら、やるよ。腹が空いているんだろう?」

純、ともこ、あやかを両側に侍らせ、ごはんを食べる
悪そうな感じで

犬 「ちくしょう!もう、ここに俺の居場所はないっていうのかよ!ちくしょう!」

ポチ、飛び出していく
が、途中で立ち止まり、戻ってきてジャーキーを拾い

犬 「・・・ちくしょう。ちくしょうー!!」

ジャーキーを咥え、飛び出していくポチ

高笑いする、純


おわり


・・・次はちゃんと書くね。

なんか、近況とか。

奥村
カテゴリ:- | 01:56 | - | -
今回のチラシの作り方
ホント、回ってくるの早いなー。
どうもお久しぶりです、加藤奈々です。

毎回何を書こうか悩みますが、今回は今回のチラシをどう作ったか、解説したいと思います。

スクリーンショット 2017-10-12 19.18.24.png

これ、今回のタイトル。
どうしても手書き風にしたかったんですが、なかなか気に入ったフォントがなく、またこんな感じにラフな日本語フォントはそうないので(アルファベットなら結構あります)、仕方なく、自分で書きました。
習字は習っていましたが私は自分の字がそんなに好きではないです。でもどうしても手書き風にしたかったので、かっこいい手書きの題字のフライヤーなどを見まくって、なんとか真似したんです。ちゃんと真似できたかどうかは微妙ですが…。

C7000-931491.jpg

C7000-931492.jpg

C7000-931493.jpg

こんな風に何度も何度も紙に書きました。書きまくりました。
こういうのは思い切りが大事。
キレイに書けた文字をバラバラにしてつなげればいいかと思いましたが、やはりそれだと間隔などかなりの微調整が必要。一息で一気に、何度も書きました。手が痛くなりました。

そしてこんな感じに紙に書いたものを、高解像度でスキャンします。

その画像をPhotoshopで開きます。

そして

スクリーンショット 2017-10-12 19.26.49.png

イメージ→色調補正→2階調化を選び

スクリーンショット 2017-10-12 19.27.34.png

スクリーンショット 2017-10-12 19.28.01.png

書いた文字がキレイに見える境界のしきい値を選びます。

そして

スクリーンショット 2017-10-12 19.31.02.png

グレースケール→モノクロ2階調にして

スクリーンショット 2017-10-12 19.31.10.png

出力を1200にします。

スクリーンショット 2017-10-12 19.33.15.png

あとは好きなサイズにして

スクリーンショット 2017-10-12 19.34.12.png

TIFFで保存します。

そして、この状態で保存した画像をイラストレーターに配置します。

スクリーンショット 2017-10-12 19.35.30.png

モノクロ2階調で保存したTIFFは、イラレに配置するとなんと!

スクリーンショット 2017-10-12 19.35.39.png

イラレで自由に色がつけられるんですよー。

スクリーンショット 2017-10-12 19.37.28.png

ほら、ね?

結構知らない人も多いので、使わないと損。

これで手書き風の文字でさらに色もつけることができました。

もちろん他の方法もありますよー。
Photoshopで色つけちゃえば早いですしね。

でも他の部分をイラレで作業している時、何色にしようかいろいろ変えたり試したりするんですが、いちいちPhotoshopで開いて変えなくてもイラレで色変えられた方が便利なんです。

なので何かとこれは便利です。もし初めて知ったよ―という方はぜひ覚えておいてください!

…果たしてこの知識をここに書いて役立つ人がいるのか分からないですけどね(笑)

そんな感じで作られたフライヤー、いかがでしょうか?もしよかったら感想など教えて頂けると励みになります。

それでは、また次のターンで。

加藤奈々でした!

カテゴリ:- | 19:23 | - | -
| 1/208PAGES | >>