<< なんてことでしょう。 | main | 一針一針 >>
罪悪感無くお肉をいっぱい食べたい人へ
どうも、上村です!



11月に入って秋も深まり、寒くなってまいりましたね。風邪などひいてないでしょうか?



秋といえば、読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋!そして、食欲の秋!



私は牛豚鶏を問わずお肉が大好きで、出来ることならお肉だけ食べていたいくらいなのですが、そうは行きません…
そうで無くとも体脂肪が気になります。

そこで、今回はぼくが普段作ってる低脂肪・高タンパクな鶏ムネ肉のレシピを

勝手に

ご紹介しようと思います。


飽くまで初心者がかじったレシピや知識で考えたものなので、コレに付け足したりしてお試し下さい。

用意するのは
鶏ムネ肉1切れ
料理酒大さじ1杯
塩・コショウ適量

です。


まず、皮を取り除いてフォークでお肉に穴をいっぱい空けます。これで食感が柔らかくなります。(多分)






穴を空け終えたら筋繊維に対して垂直に切っていきます。これもまた食感が柔らかくなります(多分)





切ったお肉に料理酒と塩を混ぜて染み込ませます。
袋に入れて揉むと小分けにして保存できる!



充分に混ぜ込んだらフライパンで焼きながらコショウをお好み振りかけます。 この時、焼き過ぎるとパサパサしちゃいます。
良い焼き具合になったら完成!



私はともかくお肉食べたい時にこの方法でモリモリ食べてますが、栄養バランスや色どりを気にする場合お野菜と一緒に焼いたりします。


また、お肉のみの場合でも、揉み込むタイミングでチューブの生姜を適量入れたり、唐辛子を刻んで一緒に入れたりして味を変えたりもしてます。



雑な料理かもしれませんが、ムネ肉にしては柔らかくなりますし、色々と応用が効く高い料理ではないでしょうか?
そして何より、低脂肪・高タンパク!
脂肪を気にせずいっぱいお肉が食べれます!
もし良ければお試しあれ。


上村でした!


カテゴリ:- | 21:50 | - | -