<< 携帯依存 | main | 当たり?? >>
サブカル気取り
おはようございます!
加藤奈々です。

なんだかどんよりした天気で
気分も体調もどんよりしがちですが
今週も元気にまいりましょう!

さて、なんか変なタイトルつけちゃいましたが、
昨日久しぶりにDVDをレンタルしたんです。
次の公演の参考にしようと思った映画があって
それを借りに行ったんですが、古すぎてなくて。

そしたらね。
ずーっと探してた作品を見つけたんですよ!
これ!!!

スクリーンショット 2018-09-10 12.56.11.png

岩井俊二 監督作品
「Love Letter」
出演:中山美穂、豊川悦司 他

この映画、大好きでして。

まだ私が大学生ぐらいだった頃(遠い昔)、
岩井俊二監督の作品が次々と公開されて。
岩井監督が好きなのも手伝って
小さなものから大きなものまで
それこそ単館上映とかしているような邦画ばかり
観にいっていた時期があります。
前売券を書い、特典をもらって。
10人以下のお客さんとかザラで。
でも「こんなマニアックな映画を見ている」
というよくわからない優越感に浸っていたりして。
その頃は豊川悦司・浅野忠信とかが好きで好きで。
特に豊川悦司さんは部屋にポスター貼るぐらい好きでした。

あ、かなり話がそれましたが
この「Love Letter」も映画館でみました。
これは本当に好きな作品で。
トヨエツがむっちゃカッコいい!
スカパーで放映したのをビデオに録画し
何十回と見ましたね…。
なので久しぶりに見たくなって。

そう、それで思い出したんですよね。
大学生の頃の私は「サブカル」に憧れてたんだって。
あんまり人が知らないマニアックな映画とか漫画とか読んで。
でも世界が狭いから、自分はマニアックだって思ってても
結構メジャーだったりして、それに気付かされたりして。

「人と違うこと」に当時憧れた私は
かなり背伸びをして、かっこつけて
身の丈に合わないことをしていたような気がします。
まあ、今も見栄っ張りなのは変わってないですが、
そんな青春時代でしたね…。

でもその映画代や漫画代を捻出するために
一生懸命バイトしたりして、
いろんなカルチャーにも触れられて
自分の世界が広がったので良かったのかな、と。

若い時に背伸びするって、結構大事なのかも?と
最近思うようになりました。
恥もかくし失敗もたくさんするけど、ね。

そんなサブカル気取りの私が
当時ハマってたもの。

ヾ箘羹啼鶸篤弔虜酩
 最近の作品はあまり見てないですが、初期作品は映画館まで観に行くほど好きでした。
 特に「undo」はお気に入り。これ好きでした。

スクリーンショット 2018-09-10 12.51.53.png
スクリーンショット 2018-09-10 12.52.02.png

スクリーンショット 2018-09-10 12.52.28.png

スクリーンショット 2018-09-10 13.48.09.png


△佑海造
 この絵が好きでした。
 ガロも読んでたけど、かなり内容が意味不明。
 「ねじ式」の映画の主演が浅野忠信さんだということもあり
 シネマスコーレに見に行きましたが正直よくわからなかったですね…(笑)

スクリーンショット 2018-09-10 12.53.24.png

スクリーンショット 2018-09-10 12.55.00.png

スクリーンショット 2018-09-10 12.52.56.png



皆様が青春時代ハマっていたものはなんですか?




加藤奈々
カテゴリ:- | 13:46 | - | -